お気軽にご相談ください
043-304-5352
WEB予約
MENU

のど|稲毛駅の耳鼻咽喉科 - 太田耳鼻咽喉科医院

のど

Pharynx and/or Larynx

Pharynx and/or Larynxのど

SYMPTOM症状

のどが痛い

のどは様々な場所で痛みを感じます。複数の箇所にまたがって痛みを感じていることも少なくありません。口蓋扁桃、咽頭扁桃、上・中・下咽頭、喉頭等です。
痛みの原因は、ウイルス感染や細菌感染が主ですが、神経痛等のこともあります。

のどの違和感

のどは外界の異物が接する機会が多い場所なので、敏感です。軽い炎症が起こったり、のどに神経が集中したりすると、イガイガした感じや何かが張り付いている感じや詰まっている感じ等々が起こることがあります。炎症等の原因がなくなっても症状だけ残ることもしばしばです。
一方で、腫瘍等の困った病気でのどに違和感を感じるようになることがあります。普段と違う感覚であったり、症状が徐々に強くなったりするようなら、早めに耳鼻咽喉科で診てもらうことをお勧めいたします。最近の内視鏡検査は、ほぼ苦痛なく詳細な検査ができます。

声がかれる

声がかれる原因は様々です。代表的な病気の声帯ポリープは、皆さんも耳にしたことがあると思います。声帯ポリープ以外にも、ポリープ様声帯や声帯溝症、反回神経麻痺、腫瘍等が声がれの原因になります。このうち、注意が必要なのが、反回神経麻痺と腫瘍です。反回神経麻痺は様々な原因で起こり、その原因の中には腫瘍もあるからです。

いびきがひどい

いびきがひどいだけでは、ご本人の健康上は何ら問題ありません。しかし、開口していたりすると、翌朝ののどの痛み(軽い炎症)に繋がります。また、寝苦しかったり、翌日に眠気が強かったりするのであれば、睡眠時無呼吸を一緒に起こしているのかもしれません。一度検査することをお勧めいたします。

SICK病気の説明

急性咽頭炎

咽頭の炎症です。のど風邪をひいてのどが痛いときは大概がこの急性咽頭炎になっています。原因としてはウイルス感染がほとんどですが、溶連菌と言われる細菌やマイコプラズマや淋菌などの細菌感染やクラミジアが原因のことあります。ウイルス感染に細菌感染が続発して混合感染になることも少なくありません。
注意が必要なのは、自覚的なのどの痛みの位置と実際に炎症が起こっている場所は意外と違っていることです。

急性喉頭炎

喉頭の炎症です。原因の多くはウイルス感染ですが、ウイルス感染に細菌感染が続発して混合感染になることも珍しくありません。声の使いすぎやアレルギー反応、放射線治療等の非感染性の炎症も珍しくありません。
症状としてはのどの痛みや違和感、声がれ、咳等です。炎症の場所が声帯か、声帯の上か、声帯の下かで症状が異なります。
急性喉頭蓋炎や喉頭浮腫は、急速に悪化する場合があります。その時には窒息してしまうことがあり、緊急を要する病気です。
注意が必要なのは、自覚的なのどの痛みの位置と実際に炎症が起こっている場所は意外と違っていることです。

急性扁桃炎

多くは口蓋扁桃の炎症です。以前は細菌感染が主な原因と考えられていましたが、近年ではウイルス感染の関与が考えられています。中でもEBウイルスやサイトメガロウイルスは口蓋扁桃のみならず咽頭扁桃や咽頭にも強い炎症を起こし、嚥下痛が強くなります。また、頸部リンパ節や肝臓等々にも強い影響を及ぼします。
細菌感染性の扁桃炎には抗菌剤を使います。ウイルス感染には通常は特効薬がないため、対症療法が主体となります。炎症が強ければ点滴も行います。
急性炎症を反復する場合には口蓋扁桃摘出術等の外科的療法も考慮されます。しかしながら、繰り返す炎症が口蓋扁桃にとどまっていない場合には口蓋扁桃だけを摘出しても症状が残ってしまいます。

扁桃周囲膿瘍

口蓋扁桃とその隣にある筋との間に膿がたまった状態です。痛みが強く、嚥下痛で嚥下をしづらくなります。体温も39℃より上がることもあり、全身が消耗します。急性扁桃炎発症後3-4日で続発することが多いです。急性扁桃炎は早めの治療が大切です。
重症であれば入院加療となります。穿刺や切開で排膿することが大事です。

病巣感染

身体のどこかに限局性慢性炎症(原病巣)があって、そこ自体はほとんど無症状か時に症状を呈する程度であるが、原病巣から離れた諸臓器に反応性障害を起こすことを病巣感染と言います。扁桃はこの原病巣の一つと考えられています。その他には、齲歯(虫歯)や胆嚢炎等が考えられています。また、関節リウマチ、IgA腎症や掌蹠膿疱症等が病巣感染であると考えられている病気です。

声帯ポリープ

声帯の前から2/3は、発声時に一番振動が大きくなります。ここに血豆ができたり、袋状に水がたまったりして盛り上がった状態がポリープです。左右声帯の合いも悪くなり、声帯の振動も悪くなって声がれになります。通常は痛みはありません。
保存的加療で改善しなければ、外科的療法の適応となります。再発することが珍しくありません。いずれの治療でも、声の安静が大切です。

反回神経麻痺

声帯を動かす神経の一つに反回神経があります。右側は鎖骨動脈まで下がってから上行して喉頭に入り、左側は大動脈弓まで下がってから上行します。左側は右側によりも走行距離が長いため、障害される可能性が高くなります。反回神経が障害される(麻痺する)と声がれになります。ひどいと声が出なくなります。
反回神経麻痺の原因は様々です。最も高頻度なのは甲状腺等の術後で、次いで特発性(原因不明)、胸部の病気(肺腫瘍等)、挿管後(全身麻酔の時に口や鼻から気管に管を通す)や甲状腺腫瘍等の頸部の病気です。

MECHANISM構造

のどの構造

①舌の構造

口腔内、特に舌には乳頭と呼ばれるボツボツが沢山あります。舌乳頭には4つの種類があります。糸状乳頭、茸状乳頭、葉状乳頭、有郭乳頭です。味覚を感じています。有郭乳頭は、舌を前に突き出したときに舌の奥に見える大きなボツボツです。

②のどの構造

のどは咽頭と喉頭で構成されています。咽頭はさらに上咽頭(咽頭鼻部と言われたり、鼻咽腔と言われたりもします。)、中咽頭(咽頭口部と言われたり、口腔咽頭と言われたりもします。口蓋垂(のどちんこ)の後ろの壁のあたりです。)、下咽頭(咽頭後頭部と言われたりします。)に分けられています。喉頭は下咽頭の中に位置しています。下咽頭に喉頭蓋と呼ばれる食物を飲み込む時に食物が気管に入らいないようにする蓋がありまして、この蓋とその内側が喉頭です。喉頭には声帯があって、声帯の下は気管に繋がっています。
上咽頭には耳管咽頭口が開口しており、また、咽頭扁桃が存在します。咽頭扁桃は幼少時から徐々に大きくなり6‐7歳にピークになります。そして、その後は徐々に小さくなっていきます。咽頭扁桃は、その頃にはアデノイドとも呼ばれます。アデノイドがあまり大きくなると、鼻閉や滲出性中耳炎、睡眠時無呼吸症候群の原因になります。また、扁桃にはこのほかに口蓋扁桃(中咽頭に属します。)や舌根扁桃(下咽頭に属します。)等の扁桃があり、ワルダイエル輪を形成しています。