お気軽にご相談ください
043-304-5352
WEB予約
MENU

検査案内|稲毛駅の耳鼻咽喉科 - 太田耳鼻咽喉科医院

検査案内

Checkup

CHECKUP検査案内

耳の検査

聴力検査

聴力検査は、聞こえの状態を調べる検査です。自分で聞こえたかどうかを判断して検査器械のボタンを押す検査「自覚的聴力検査」と自分の意志に関係なく聞こえや鼓膜の状態等を確認する検査「他覚的聴力検査」があります。

自覚的聴力検査

① 標準純音聴力検査
聞こえの検査です。難聴があるかどうか、あるとしたら伝音難聴感音難聴かを検査します。7種類の高さ(周波数)の音で検査します。
② 簡易聴力検査
聞こえの検査ですが、標準純音聴力検査と違うのは、伝音難聴か感音難聴かは分かりません。
③ 標準語音聴力検査
ことばの聞き取りの検査です。

他覚的聴力検査

① ABR(聴性脳幹反応)
音に対する脳波の反応をみる検査です。
② DPOAE(歪成分耳音響放射)
外有毛細胞の状態をみる検査です。
③ ティンパノメトリー
鼓膜の動き具合や中耳の空気圧の検査です。鼓膜の動きとか中耳の空気圧が正常な場合の難聴は多くは感音難聴です。しかし、耳硬化症の難聴は伝音難聴になります。
④ 耳小骨筋反射
大きな音を聞くと鼓膜も大きく振動します。あまり大きく振動すると内耳に悪影響が起こります。そうならないために大きな音が聞こえた時には鼓膜の動きを抑える小さな筋肉が鼓室耳小骨についています。この筋肉の動きの検査です。

めまいの検査

①電気眼振図
心電図よりもずっと小さな電極を顔面に4か所貼り付けて眼球の動きを記録する検査です。眼球の動きによってめまいの原因が分かります。外耳道に暖かい空気と冷たい空気を入れて外側半規管の状態を記録する項目もあります。
② c-VEMP
前頸部に2か所電極(電気眼振図と同じ)を貼り付けて音に対する反応を記録する検査です。耳石器のうちの卵形嚢の状態を確認します。
③ 重心動揺計
眼を開いている時と閉じた時の体のふらつきをみる検査です。
④ 赤外線CCDカメラ
赤外線CCDカメラ付きのゴーグルを顔面に装着して眼球の動きを直接確認します。電気眼振図検査よりも感度は低いですが、簡便に眼球の動きを確認できます。

鼻の検査

① 鼻腔通気度検査
文字通り、鼻の通りの検査です。鼻腔内の乱気流や鼻腔粘膜の経時的変化等で、自覚症状と必ずしも一致しないことがあります。
② 静脈性嗅覚検査(アリナミンテスト)
アリナミンを左上肢正中静脈から30秒間かけて注射して、匂いを感じるまでの時間と匂いを感じていた時間を測る検査です。
③ ファイバースコピー
鼻腔内の様子を詳細に観察します。上鼻道が閉塞していたりすると、嗅覚にも影響します。また、副鼻腔自然孔から鼻茸が出ているかどうか、鼻甲介がむくんでいるかどうか等を確認します。

のどの検査

① 喉頭ファイバースコピー
のどの検査の代表はファイバースコピーです。軟性鏡と硬性鏡があります。一般的には軟性鏡が使われることが多いです。声帯の形状や動きを観察します。反回神経麻痺(声帯の動きが悪くなる)、声帯ポリープ(声帯に血豆のような膨らみができる)や声帯萎縮(声帯が痩せる)等の声がれの原因の鑑別に役立ちます。また、喉頭炎や喉頭浮腫等の炎症性疾患の診断にも有用です。
② 音声検査
声の質の検査です。嗄声度、粗ぞう性、気息性、無力性、努力性の5項目を評価します。
③ ストロボスコピー
ファイバースコピーで観察しながらストロボを声帯にあてて、声帯の振動の状態を確認する検査です。ファイバースコピー等で問題がはっきりしなかった声帯の異常が見つかったりします。
④ 喉頭筋電図
声帯や喉頭を動かす筋肉の電位を見る検査です。心電図の喉頭版です。
⑤ 最長発声持続時間
一番楽な声でどれだけ長く持続的に声を出していられるかの検査です。平均は20秒前後です。10秒以下になると日常会話も大変な状態です。